社員インタビュー

北海道でコーティングの良さを広めたい

赤間 翔

2018年入社
UNIVERSE札幌 ブロックリーダー

この仕事は実際にやってみるとはまります


元々兄がASAPで勤務していて、「店舗が忙しいからちょっとアルバイトでもやらないか」と声をかけてくれて、以前にレンタカーの清掃業務をしていたことがありその経験が生かせると考えお手伝いの軽い感覚でアルバイトを始めました。
アルバイトで入社して、勤務しているうちにエリアリーダーから「社員にならないか?」と声をかけて頂き、給与や休日などの待遇面の話と全国に展開していることなどいろいろ教えていただき入社したい気持ちになりました。
その後もアルバイトでコーティングの施工補助などをしている内に、「この仕事が楽しい、この道を究めたい」と思うようになりました。キズや雨染みがついた劣化したボディーが、自分がやったコーティングできれいになることが楽しいと感じて、どーせやるなら楽しいことを仕事にしたいと思って入社しました。

技術とスピードを磨いていくことが大切


入社当時、鉄粉取り、キワ掃除、養生、研磨、コーティング剤の塗布などここには書ききれないほどの工程があり1日1台施工するなんて絶対むり!?と感じながら働き始めました。
その後、勤務をしていくうちに教育プランがしっかりしていることや職場先輩がしっかり教えてくれたこともあり今はバリバリ?やれています。
教育の中に社内試験があるのですが、その試験でLEVEL4に合格するまでが一番大変でした。品質もスピードも求められるのでこの壁が大きかったです。この壁を乗り越えられたのは、自分がまだまだできないと思いながら「やるしかない」とある日考えを切り替えたことと、当時勤務していた宇都宮店が大変忙しい店舗でやらざるをえない環境だったこともあり施工台数を積み重ねていくうちに要領をつかんでいき、施工時間短縮につながりました。

向上心を持って仕事に取り組んでいける人がこの仕事に向いています

コーティングの仕事については、扱う車両が中古車が多いということもあり、まったく同じ程度の車がないです。程度がいい車両、程度が良くない車両とそれぞれのコンディションに合わせてやり方を考えていくところが面白いですね。まだまだ勉強中でもっともっと経験と知識を増やしていきたいです。
北海道には都心ほど車のコーティングを施工する人が少ないと思います。今後はコーティングをするとキレイになること、キレイが継続することなど
コーティングの良さを伝えられる存在になりたいです。

他の社員インタビュー